¿Quieren desaparecer las carreras de Humanidades en la UNAM? ¿Rumor o realidad?

10 Ago

Hace algunos días en el perfil de Facebook de la FES Acatlán se publicó una notificación en la que supuestamente abordaban los “rumores” en cuanto a la reducción de la matrícula de estudiantes para ciertas carreras.

Este comunicado también salió de manera automática al visitar la página. Actualmente, el comunicado se encuentra archivado en el área de noticias.

Al buscar información sobre el tema, lo único que encontré fue un blog en el que se mencionaba que la matrícula de carreras del área de humanidades y ciencias sociales en la FES Acatlán había disminuido un 70% como “experimento” para ver cómo reaccionaban los universitarios, pero que el objetivo final era CU, con el propósito de reducir el número de estudiantes y catedráticos en esas mismas áreas .

Así pues, me di a la tarea de buscar en el sitio del dgae el número de aceptados de los últimos tres periodos para la carrera de Sociología en la FES Acatlán ¿El resultado? El “rumor” es verdad.

El número de alumnos aceptados en Junio del 2015 fueron 128, mientras que para este año fueron 11.

Pero, es más complicado que eso puesto que, entre otras cosas, la matrícula viene disminuyendo desde Febrero.

Al hacer una revisión de los resultados de los últimos 12 años (a excepción de los resultados de Junio del 2006, 2009, y 2014 ya que esos no estaban disponibles) el panorama se muestra preocupante.

Tomé como referencia únicamente las convocatorias de Junio debido a que éste fue el periodo que desató los rumores actuales además de que, como ya es sabido, los resultados del otro periodo (Febrero) varían bastante debido a que es cuando se llevan a cabo los cambios de carrera, se ofertaban otras modalidades, etc.

El motivo por el que elegí sociología es simplemente por que parece contar con mayor credibilidad en nuestra sociedad, en comparación con carreras como filosofía o historia. Obviamente yo no pienso que sea el caso, pues afortunadamente la sociología está contribuyendo con investigaciones para solucionar graves problemáticas actuales, como lo son las enfermedades crónicas.

Pero, retomando el tema, los alumnos aceptados por periodo quedaron así:

Jun 2016 – 11

Feb 2016 – 20

Jun 2015 – 128

Jun 2013 – 81

Jun 2012 – 57

Jun 2011 – 13

Jun 2010-  17

Jun 2008 – 16

Jun 2007 – 14

Jun 2005 – 17

Jun 2004 – 18

Aquí, algunas capturas de pantalla que hice de la página oficial.

 

Así pues, el número de estudiantes aceptados actualmente fue menor que el de hace 12 años, mientras que el número de aspirantes (ver imagen para información detallada) aumentó casi el doble.

Por otra parte, la oferta de lugares disponibles referida en cada una de las convocatorias sorprendentemente no parece tener ninguna relación con el número de candidatos aceptados o rechazados.

Obviamente los resultados son públicos y cualquiera puede consultarlos. En lo personal, desconozco las razones del porqué se dio este retroceso en la oferta educativa, incluso desconozco el por qué después del 2011 se dio ese aumento paulatino de espacios disponibles, y aunque voy a abstenerme de emitir un juicio en cuanto al valor de todas las carreras del Área 3, sí debo decir que es una desgracia ver que se cierran espacios que son indispensables para el progreso de la humanidad en todo su conjunto.

21-Agosto-2016 – Actualización

La FES Acatlán emite un comunicado en el que asegura la oferta de lugares para las carreras de Humanidades y Ciencias Políticas fueron las mismas. Además de afirmar que se disminuyó el número de aciertos requeridos para los alumnos que no tienen pase automático debido a que se presentó un descenso en la demanda.

Por desgracia, esto no concuerda con la información del sitio oficial de la dgae, pues el número de aspirantes se ha mantenido constante, y el número de aciertos requeridos se incrementó.

Si bien, no sabemos cuántos alumnos tuvieron pase automático, la información que proporcionan en cuanto al exámen de admisión es falsa.

Ya en este momento el problema va desde la disminución de los lugares a la falta de honestidad al mostrar las cifras.

 

Anuncios

イタリアへ行きたい

14 Ene

    先週私の兄はイタリア行った。そこに四日間にあった。ベニスとフイオレンザへも行った。兄によるとベニズはとてもせいけつな所だったそうだ。運河の中の水がじょうすいだったからだ。

 Image

 

 ベニスの近くに小さい島がある。その島はムラノと言いた。そこでガグラスせいひんを作る。お皿がとてもすばらしと思ったそうだ。

 

   イタリアにはいろいろな種るいのピザとくだものと魚介がある。イタリアのいき方は体にいいぞうだ。食べ物とよい天気は人を元気にする。そして、イタリアで作るオリーブオイルは一番上質だ。

 Image

    ベニスの町は狭すぎるので車は小さいだ。家は古いがきれいだ。でも、外観が同じなので、かんこうきやくにはそれるにくいそうだ。

 

   兄はさむい天気もあったと言っていった。晴れだったので、ベニスのとうの上のきれいだけしき見ることができたそうだ。

今週は雨が多いでしょう。でも先週はまだ天気が良かったいだ。

 

Image

 

  イタリアにはたくさんはくぶつかんがある。多い有名な画家もいる。ダヴィンチがデザインしたきがいのはくぶつかんがある。私はそのきかいがとてもおもしろいと思った。

Image

 

  兄は食べ物のばいてんでしゃじんを撮った。ロトロはおいしいそうだった。大し、ポモドロはあるしからだった。そして、安いと思った。

 Image

  サン マルコス はきれいで有名な広場だ。二つの高いえんちゅうがあるからだ。一つをえんちゅうの上にライオンのぞうがある。ライオンはベニスのシンボルだ。

Image

CAFE RUTA DE LA SEDAへかえりじゃない

14 Oct

きのう母とCAFE RUTA DE LA SEDAに行った。CAFE RUTA DE LA SEDAはコヨアカンにある。ますちかてつにのった、アナヤでおりた。あと、コヨアカンのバスにさがした。アナヤのていでおおきのバスをまった、でも30分間まであのバスじゃなかった、小さいのバスにのったので。

ヴアヤルタでバスをのった。私たちは男の人を話した “ピノのまちがどこかへあります”、 でも男の人わからなかった、あるすぎるかったから。

Image

コヨアカンに多いみどりがある

       とうとうCAFE RUTA DE LA SEDAについた。CAFE RUTA DE LA SEDAの前にこえんがある。CAFE RUTA DE LA SEDAはとても小さくて、きれいじゃなかった。そとに三テ-ブルがある、中に三テブルもあった。CAFE RUTA DE LA SEDAの中にせますぎる、女の子は私のせなかけりつけたから。

CAFE RUTA DE LA SEDAのウェイタあまりあつくなかった。そして、たべものはたかすぎた。

私はさくらのケーキーをたべたかった、でもそちらじゃなかった。母はあかのくだもののケーキーがほしがっていた、でも、そっちもじゃなかった。

私と母はまつたさんじょう分まで、ウェイタ話した “お待ちください” あそこで出かけたので。

 

dsgstll

  

     コヨアカンへあるかった、ぞちらにエロテのケーキー買った。

まき

18 Jun

先しゅうの今日私はまきをりょうりをしました。

 

ます、三かいおこめをすすぎました。それから、ボールをおこめに入れて、 あたたかいの水にも入れました。1じ間ぐらいつけっぱなしでした。

アボカドをすすぎました 、ほうちょうでうすく切りました。つぎにおこめをかわききました。 なべでおこめを入れて、二コプのみすも入れました。ひをとめっておこめをにました。20分ぐらいひをとめました。

のりを上にあたたかいごはんとアボカドとしじょうとっきをのせました。ますにのりをころがりました。

ほうちょうで6分しました、それから、まきの上にづめを入れました。

 

まき

まき

まきはとてもおおいしかったですが、きれいじゃありませんでした。

次回はもっとうまくやるようにします。

コヨアカン

18 Jun

   きのうの朝私はコヨアカンへ行きました。私のうちのコヨアカンは2時ごろまでです。

 私のうちからバスてい歩きました。ちかてつのバスをのりて、ちかてつであおのラインをのりて、アナヤのえきにおりました。アナヤでコピルコのバスをおりて、よくコヨアカンのこうえんにおります。

   コヨアカンにはたくさんのレストラン、ほんや、アイスクリームやなどがあります。そして、毎日、たくさんきれいな犬がいます。

  ここで私はじゃしんをとって、あるいて、ばんごはんをたべました。

  こうえんにはみどりがあります、そしてとてもきれいです。つねづねおおぜいがいました。

Image

コヨアカンのこうえん。

 私はチョンゴのアイスクリムを買いました。アイスクリムはやすくておいしじゃありませんでした。ヘスアカヅランでおおきくておいしいアイスクリムがあります。ここで、アイスクリムは10ペソ、そして、アイスクリムのうえにチョコレトをいれます。

Image

小さいアイス-クリムは35ペソでした。

 ごぜん2時にレストランへ行きました。ハンバーガーとフライポテトを買いました。そして、のみものも買いました。ハンバーガーはとても大きくておいしかったです。フライポテトは小さかったですが、あたたかかったです。ハマイカの水とネステアをのみました。ネステアは少しつめたかったですが、おいしかったです。

  それから、パンやへ行きました。ドーナツとチーズケーキを買いました、でもまだたべていません。

Image

美味しいケーキ。

 きのうの日てんきはとてもきれいでした。

メキシコシティのりょこう

8 Jun

なつやすみにともだちとメキシコシティへ行きました。メキシコシティにはとても大きいですが、きれいじゃありません。
メキシコシティによっか間いました。
ホテルのへやはひろくてあかるかったです。そして、小さくてきれいなプールがあります。
毎日てんきはよかったのでたくさんばしょうへ行きました。
水曜日にべナドのこうえんへ行きました。りょおこは少したいへんでした。先ず、ホテルからレボルシオンえきまで歩きました。ちかてつであおのラインにのって、タクバでオレンヂのラインにのって、ミスコアクでゴールデンのラインにのりかえて、べナドのえきをおりました。ホテルからべナドのこうえんまで2時かん15分ぐらいかかりました。
べナドのこえんにはきねずみがいます。小さい車もあります。

べナドのこうえん

べナドのこうえん

金曜日にどうぶつえんへ行きました。メキシコの犬は可愛くておかしかったです。パンダもとても可愛いかったです。
土曜日にレストランへ行きました。レストランにはとてもきれかったです。ポゾレはおいしくて大きかったです。私はえびのポゾレをたべて、レモナデをのみました。
夕がたコンサートに行きました。コンサートはたのしかったです。人はとてもものしずかですが、ゆかいかったです。私はスタルライトのうたが好きでした。
日曜日にテオティワアカンへ行きました。テオティワカンにはもうふを買いました。ぞして、テオティワアカンでばんごはんをたべました。
よるにメキシコシティのくうこうへ行きました。くうこうではドナツを買いました。ドナツはとても甘くておいしかったですが、たかかったです。メキシコシティのくうこうにすべてをきれいでしたが、やすくかったありませんでした。
次の12月私はメキシコシティにかえりたい。

FCA 年2013

6 Jun

私はFERIA DE LAS CULTURAS AMIGAS へ行きました。FERIA DE LAS CULTURAS AMIGASはPaseo de la Reforma であります。

FERIAにはたくさんのばいてんがあります。日本のばいてんはとてもは好きでした。 あそこでたべものを買いました。だいふくはしょからい味がした、そして、とてもやっこいかったです。

P1050922_10

まんじゅうは少しすめたかったですが、おいしかったです。

P1050924_10

Vietnamのばいてんでたべものもかいました。Goi Cuonはとてもおいしかったです。

P1050938_10

FERIAにはぜんぶをたかかったですがきれいなでした。